景品表示法とは

喜ばれる景品

景品を貰うシチュエーションは実に多く、例えば、飲食類や日用品に付いている粗品系から結婚式の二次会やゴルフコンペ、商店街のくじやショッピングモールでのくじ等のイベント系やパチンコ等のギャンブル系もあります。景品を貰って嬉しくない人は少ないでしょう。同じ物を買うなら景品が付くものを買う人が多でしょうし、結婚式の二次会やゴルフコンペ等では貰った後は話に花が咲きます。

又、ショッピングモール等のくじには長蛇の列ができ、景品が豪華商品や欲しい商品だと俄然とやる気が湧きます。ギャンブル系では選ぶ楽しさがあります。何かを貰うのは嬉しいものです。ただ、「貰って嬉しい物」があれば、「貰って困る物」もあります。同じ景品を貰うなら「貰って嬉しい物」が断然良いでしょう。全ての人が喜ぶ物となると難しいかもしれませんが、万人受けする物はあります。ただ、景品にも予算があり、お金を掛ければ掛けるほどブランド力の有る物が貰えますが、安価での景品では、それなりの物でしょう。又、景品は「持って帰る」と言う作業が加わります。重い物やかさばる物は避けたいですし、臭いのする物も勘弁して欲しいものです。景品を貰うシチュエーションや景品の種類は多種多様です。

しかし、「喜ばれる物」を景品にしたいとの思いは主催者側の思いではないでしょうか。粗品系は消費者のニーズに応えようとしていますし、イベント系の幹事や企画スタッフはイベント参加者の年齢層に合った物を考えています。又、ギャンブル系ではお菓子からブランド物まで幅が広いです。「喜ばれる物」は「貰って嬉しい物」。貰う相手の求める景品が提供できると皆が嬉しくなるのではないでしょうか。

ワクワクする景品

嬉しい景品とは、「欲しい物」や「わざわざ買う程でもない物」ではないでしょうか?どうしても必要な物は買いに行きます。しかし、「どうしても」までは行かなくても「欲しい物」は案外多いものです・・・

困る景品

「貰えれば何でもいい」と言う方も居るかもしれませんが、「これを貰ってもなぁ」とか「これ、どうしよう」と困る時もあります。それは「欲しい物ではない」と言うよりも「困る物」が多く、主催者側のセン・・・

定番と人気の景品

景品の中では「定番物」や「人気物」の景品があります。景品の定番物で常に上位を占めている物はテーマパークの券や商品券に金券は不動の人気で、Wii、DSと言ったゲーム機器もあります。松坂・・・